楽曲の難しい部分の練習方法

閲覧回数1,924回

Last Updated on

常に自分のちからの7割の努力で本番演奏したいものです。ちからを100%使って演奏すると聴き苦しいものです。余裕があるからこそコントロールができる、と考えたいですね。

  1. メトロノームを確実に演奏できる速さに設定する
  2. 問題の箇所を10回続けて間違えないように演奏する
    もし間違えたらカウンターをリセットして1回目からまたやり直す(ここがゲーム)
  3. メトロノームを2クリック速く設定する
  4. ステップ2)からまた繰り返し
  5. 速すぎて不可能なところまで行ったら最終メトロノームの速さを記録してまた翌日挑戦

練習は楽しくなくては続きません。音楽ですからスポ根では上達してもそういう音しか出ないのではないかと思います。

練習中にある程度できるようになった部分は録音してチェックを入れることをお勧めします。第三者の耳で診断するのは大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。